子供の成長に悪影響じゃない?

なんで背が伸びるの?

本当に効果あるの?

 > 身長と遺伝って関係あるの?

小さいころによく耳にしたこの噂。実は、遺伝が身長に100% 影響することはほとんどないのです。身長への遺伝の影響は約 25%と医学的に証明されています。身長に影響を与える要素の 残り75%は睡眠・食事・運動の「質」によって決まってくるこ とが証明されています。では、なぜ低身長家族と高身長家族をよく見るのか。それは、同じ家で生活をしているうちに自然と食生活や生活リズムが似 てくるからです。つまり、両親が低身長でも活発に運動をする 子であったり、お母さんが食事の栄養バランスに気を付かってくれるなどであれば高身長になる可能性が十分にあるというのです。 身長を伸ばすために大切なことは、主に4つあります。

良質な睡眠をとること
身長の伸びに必要不可欠な成長ホルモンは寝ている間に最も分泌されます。 睡眠には浅い眠りのレム睡眠と深い眠りのノンレム睡眠の2種類がありますが、成長ホルモンは後者のノンレム睡眠の際に分泌されます。普段から夢をよく見たり、夜中に起きることがあるという人はレム睡眠の時間がノンレム睡眠より長いということなので、熟睡する努力を心がけましょう。熟睡するためのポイントは「寝る子は育つってほんと?」で詳しくご紹介しています!
バランスの取れた食事
骨の成長といえばカルシウムですが、牛乳だけのんでもカルシウムは摂れません。偏った食事ではなく、栄養素のバランスが整った食事を心がけましょう。
適度な運動
運動は成長ホルモンの分泌を促し、骨の成長に大切な骨端線を刺激して身長を伸ばすことを期待でき ます。また、運動をして適度に疲れることで食欲も上がり、睡眠の質も自然と良くなる相乗効果を期 待できます。 バスケットボールやバレーボールなどは身長が伸びると聞いたことがあると思いますが、実はあの噂 は本当なのです!身長の成長をサポートしてくれる運動のポイントは3つ。全身を使う運動、縦に体を伸ばす運動、筋肉への負担が大きすぎない運動です。全身の筋肉を使うことで全身の骨に刺激を与 え、それが縦方向であるとより骨端線への刺激になるのです。一方で注意してほしいのは筋肉への過 度な負担。激しい筋トレや体の一部に負担をかけるようなスポーツは逆に成長を妨げる要因となります。特にまだ骨端線が柔らかい小さな時期から筋トレなどをすると身長が伸びなくなってしまうので控えめに。
正しい姿勢
こちらは身長の成長ではなく身長の縮小を妨げてくれます。身長が縮む要因は猫背と体の歪み。成長期が過ぎた大人でも、猫背や体の歪みを正しい姿勢にする努力をすると数センチ身長が伸びることも可能となります。 良質な睡眠・バランスの取れた食事・適度な運動・正しい姿勢の4つに気を付けることです。特に、身長の成長が止まってしまう思春期のうちにこの4つを意識することが高身長への近道となります。
ちょこっと豆知識
身長は、骨と骨の間にある「骨端線」という軟骨が成長することにより高くなります。骨端線は平均して10~13歳をピークに次第に固まっていき、完全に固まるのは女性が20歳前後、男性が22歳前後と言われています。つまり、食生活や睡眠時間に変化・乱れが出てくる時期に骨の成長もピークを迎えるのです。残念ながら一度固まった骨端線は一生固まったままなので、できるだけ規則正しい生活を心がけることをおすすめします!

背伸びサプリ総合ランキング

GROW MAX1 premium
詳しくはこちら
Dr,Senobiru
詳しくはこちら
せのびーる
詳しくはこちら